スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流産・死産に関する情報〜ネットサイトやブログの利用について

 赤ちゃんを亡くした後の母親にとって、家族や友人の支えはとても大切なものですが、周囲の人にはなかなか吐き出せない辛さ、悲しみもあります。
 
 そんなとき、同じような「大切な赤ちゃんを失った」という体験をした当事者同士で支え合う、語り合える場所として、ネットサイトや天使ママの書かれているブログをのぞくことは大きな救いになると思います。

 色々な体験者のお話を読ませて頂くことは、当初はただただ涙が出て、それでも読むことが止められず、読み終わったときにはかなり消耗する作業でもありました。でも、それを繰り返すことで、赤ちゃんとのお別れを少しずつ受け入れていくことにつながった気もします(本を読むことも同じですね)。「自分だけではない」と孤独感が和らいだり、自責感が少し軽減されたり、そんな効用もあると思います。
 
 ただ、とてもナイーブなテーマを扱うことになるので、サイトによっては批判を受けて傷ついたりされる方もいるようです。私も当初はとにかく情報がほしくて、「死産」の単語でgoogle検索をして、あがってくるものを手当たり次第、読んでいましたが、「これはどうだろう」と思うサイトも見かけました。

 そんな中、「ともに生きる」という本の紹介でも触れた、ポコズママの会のサイトは比較的安全な、天使ママに必要な基本的情報も整理・提供されている良いサイトだと感じています。

ポコズママの会

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。