スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SIDS家族の会 オープンフォーラム in 北海道」に参加して

 最近の札幌は大分寒くなってきて、秋をあっという間に通り過ぎて、冬に突入しそうな勢いです。

 
 先日10月4日に、SIDS家族の会のフォーラムが無事、終わりました。北海道支部の会員として、ちょこっとですが裏方の仕事もしつつ、死産 当事者として体験談を10分ほどお話しました。
 当事者の気持ちを医療者などの周囲の支援者に伝え、支援のあり方について考えてもらうのがフォーラムの大きな目的だったのですが、自分の体験を通して考えたことはたくさんあって、10分にまとめるのがなかなか大変な作業でした。

 家で何回も原稿を読み、当日は泣かないつもりでいたのですが、当時の苦しさを言葉にすると、やはり当時の感情が蘇ってきて、やっぱり泣きながらの発表になってしまいました。会のミーティングで何度も同じような話をして、繰り返し泣いて、大分泣かずに息子のことを話せるようになっていたのですが、大勢の前で話すとなると、また違うものなんですね。泣いても仕方ないとは思っていたので、焦りはしなかったのですが、涙と一緒に鼻水も出てきて、いつ鼻をかむか、悩みました(笑)。

 フォーラムに参加して、北海道にも、子どもの死と親の悲しみに真摯に向き合っている医療者が少なからずいることを知り、とても心強く感じました。今後、そういった医療者の方と連携して、グリーフケアの啓発活動など積極的に取り組んでいきたいと思います。

 あと、とても嬉しかったのが、今回のフォーラムと会の活動についてお話をさせて頂いた、病院産科の師長さんや、娘の幼稚園の先生方、看護学課の先生、私の職場の人たちが、フォーラムを聞きに来て下さったことです。私の気持ちを受け取めて下さる人がいることが本当に嬉しくて、有り難いなあと思いました。頑張って良かったです。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。