スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIDS家族の会 北海道 オープンフォーラムのご案内(平成26年10月4日開催)

2014.07.15 22:29|グリーフケア関連
今日の札幌は30度近くまで気温が上がり、暑い1日でした(本州の方から見ると、涼しいのかもしれませんが)。

 さて、私は、息子が亡くなって9ヶ月を過ぎた頃から、SIDS家族の会(北海道支部)のお話会に参加しています。このお話会で、偶然ですが丁度、同じ時期にお子さんを亡くされた天使ママさんたちと出会い、お話会以外でも、色々と交流をするようになりました。子どもを亡くした状況や現在置かれている状況はそれぞれ違いますが、お互いに共感できることもたくさんあり、普段は抑えている自分の心の内を出すことのできる場所、仲間の存在が、現在も私の心の大きな支えになっています。

 「赤ちゃんを失った」という悲しみは、日常の生活では、なかなか口に出しづらく、他者と共有することが難しい感情なので、同じような悲しみを抱えた者同士が支え合う、自助グループの存在は、当事者にとってとても大きな救いになると感じています。

 しかし、こういった自助グループの活動や意義が、医療者側には十分に伝わっていないことがあり、とても残念なことだと思っています。私が死産した病院でも、次女を出産した病院(いずれも札幌市内)でも、SIDS家族の会の存在は知られていませんでした。

 今回、こういった状況を踏まえ、SIDS家族の会の活動を医療者や、赤ちゃんの死に関わることのある方々に広く知ってもらい、よりよい遺族への支援へつなげていくことを願って、札幌で「SIDS家族の会 オープンフォーラムin北海道」が開かれることになりました。

 H26年10月4日(土)、13時5分〜、北海道医師会館(札幌市中央区大通西6丁目)の開催です。SIDSに関する基調講演やシンポジウムの他、赤ちゃんを亡くした当事者の話もあり、私も死産の当事者として体験談をお話させて頂く予定です。

 大勢の人の前で、息子の話をするのは初めてのことなので、今から緊張していますが・・・。医療者や周囲の人たちに、当事者の気持ちを伝え、理解してもらう絶好の機会なので、自分のベストを尽くして頑張りたいと思います。

 オープンフォーラムの詳細については、下記をご覧下さい。
 「SIDS家族の会 オープンフォーラムin北海道」http://www.sids.gr.jp/index.html



にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。