スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね、ありがとう。 〜産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ〜

ごめんね、ありがとう。
〜産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ〜
326 なかむらみつる 著、 Think D出版 発行
定価1470円(楽天ブックス、Amazonで購入可)

 流産・死産を経験したママたちと胎内記憶をもつ子どもたちの話を元に作られた4つの愛の物語が、なかむらみつるさんの可愛らしいイラストと共に描かれています。

 私自身は、胎内記憶の話を全て信じているわけではないのですが、「赤ちゃんは、どんなに短い命であっても、ママ・パパを幸せにするためにやってきたのであって、お空に還った後も、ママ・パパの幸せを心から願っている」と感じています。

 「子どもは、自分を愛してくれている親のことを、無条件に愛してくれる存在だ」ということ、「子どもは親の至らなさを許してくれる、大人以上に広い心を持っている」ということを、私は地上の娘から学んでいます。だからこそ、亡くなった息子も、私が幸せになることを望んでいるだろう、自分で自分を責め続けること(私には、「もっと早く胎動の減少に気付き、病院に行っていたら、息子を救えたのではないか」という後悔・自責の念があります)を望まないだろう、と時間と共に考えられるようになりました。

 この本でも、赤ちゃんからママへの愛のメッセージが綴られていて、赤ちゃんを亡くして間もない時期の、自責の念に苦しむ天使ママさんたちにとって、大きな慰めとなるのではないかと思います。

 全140Pで、読みやすい本です。
【送料無料】ごめんね、ありがとう。 [ ナカムラミツル ]

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。