スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと弱音

2012.11.23 22:35|死産後の気持ち
息子を亡くした後、娘の存在は私の大きな支えになっています。
娘が元気に生まれてきて、健やかに成長していることが、どんなに有り難いことなのか、今では心から理解しているつもりです。

でも、日々の生活の中で、自分がいっぱいいっぱいになってしまうことが時々あり、そんな時に、娘に対して自分のイライラをぶつけてしまうことがあります。

死産の直後は、息子を亡くした悲しみで圧倒されていて、何とか日常生活を維持しようと頑張っていたけれども、娘のことを構ってあげる余裕がありませんでした。娘の言葉や笑顔に、笑顔で返すパワーがなくて、娘にはよく、「ママ、何で笑わないの、笑って!」と叱られていました。

息子を亡くした悲しみで気分が落ちているときは(最近は、大分、気分は回復してきて、常に落ちているというわけではなくなってきましたが)、何もかもどうでもよい気分、何も楽しめない気分になって、娘や夫に対してそっけない、冷たい態度になってしまいます。そんな自分も嫌で、何だか大人げないなと思うのですが、楽しいふりをすることもできないのです(家族に対する甘えがあるのかもしれません)。

この1ヶ月程、自分の状態が少し落ち着いてきたかなと思っていたのですが、ここ数日少し気分が落ち気味で、今日は久しぶりに娘に対してきつい口調で叱ってしまいました。年賀状の準備を始めて、去年の悲しみがよみがえってきたりして、少し負担になっているのかもしれません。

娘に隠れて、しばらく泣いたら少しすっきりしたのですが・・・。
息子が亡くなって、もうすぐ1年。
大分落ち着いてきたと思っているけど、まだまだ悲しい。
何で、息子がここにいないんだろう。

息子を失った悲しみばかり見るのではなく、息子が教えてくれた生の大切さ、生きていることの意味、息子が与えてくれたものをきちんと受け止めたい。
この悲しみを抱えながら、今あるものを大切に生きていく強さがほしい。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。