スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪中はがきのこと

2016.10.23 11:35|流産・死産後の人間関係
札幌は初雪が降り、今日も寒いです。秋をすっ飛ばし、このまま冬に突入なのかしら・・・。

年末が近づいてきて、年賀状をどうするか考え始める時期だと思いますが、今年、小さな赤ちゃんをなくされたご家族の中には、「喪中ハガキを出すかどうか」悩まれる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

以前、このテーマで記事を書いたことがあるのですが
喪中ハガキを出すかどうか


新たに、天使ママ・パパさん向けの喪中ハガキについてまとめて下さっているブログ記事やサイトを見つけました。

くらしを豊かに四季を楽しく〜 天使ママ用喪中はがき
天使ママ天使パパの喪中はがき 天使ママ天使パパの喪中はがき


私は12月に息子を亡くしたので、すでに作成してしまった年賀状はどうしたら良いのか、とても悩みました。年賀欠礼する場合はどうすれば良いのか、という基本的なマナーからネット検索したり、息子を亡くした直後の回らない頭であれこれ考えるのはとても大変でした。
気持ち的には年賀状どころじゃないけど、仕事上の目上の方へのマナーを考えると放っておくわけにもいかず、結局は、限られた人に寒中見舞いを出すことで済ませました。

大切なお子さんを亡くした後、喪中ハガキをどうするか考えるのはとても苦しい作業ですが、同じような悩みを抱えている方はたくさんいること、大切なお子さんのことを周囲の人にどう伝えるのか、伝え方にはこんな方法もあるんだよ、という情報が、多くの当事者の方に伝われば良いなあと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。