スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね、ありがとう。 〜産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ〜

ごめんね、ありがとう。
〜産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ〜
326 なかむらみつる 著、 Think D出版 発行
定価1470円(楽天ブックス、Amazonで購入可)

 流産・死産を経験したママたちと胎内記憶をもつ子どもたちの話を元に作られた4つの愛の物語が、なかむらみつるさんの可愛らしいイラストと共に描かれています。

 私自身は、胎内記憶の話を全て信じているわけではないのですが、「赤ちゃんは、どんなに短い命であっても、ママ・パパを幸せにするためにやってきたのであって、お空に還った後も、ママ・パパの幸せを心から願っている」と感じています。

 「子どもは、自分を愛してくれている親のことを、無条件に愛してくれる存在だ」ということ、「子どもは親の至らなさを許してくれる、大人以上に広い心を持っている」ということを、私は地上の娘から学んでいます。だからこそ、亡くなった息子も、私が幸せになることを望んでいるだろう、自分で自分を責め続けること(私には、「もっと早く胎動の減少に気付き、病院に行っていたら、息子を救えたのではないか」という後悔・自責の念があります)を望まないだろう、と時間と共に考えられるようになりました。

 この本でも、赤ちゃんからママへの愛のメッセージが綴られていて、赤ちゃんを亡くして間もない時期の、自責の念に苦しむ天使ママさんたちにとって、大きな慰めとなるのではないかと思います。

 全140Pで、読みやすい本です。
【送料無料】ごめんね、ありがとう。 [ ナカムラミツル ]

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「こうのとりねっと」のご紹介

 今日は、ある天使ママさんのブログで知った、妊活応援サイト「こうのとりねっと」をご紹介したいと思います。

 天使ママさんの中には、「不妊治療の末やっと授かった大切な赤ちゃんを亡くした」という方たちがいます。
 天使ママさんが大切なお子さんを亡くされた状況は人それぞれ違い、どちらの方が辛い、というような、悲しみを比べることに意味はないと思うのですが、心から望んで、大変な苦労を乗り越えて、授かった赤ちゃんを失うという悲しみには、同じ天使ママである私にもわからない、辛さ、苦しさがあるのだろうと想像します。

 「こうのとりねっと」は、21年間、不妊治療に取り組まれ、その中で大切な赤ちゃんを亡くすという体験もされた、ことりmama*さんという方が運営をされています。ご自分の体験を、同じように悩んでいる人たちのために役立てたいという思いで頑張っておられる姿には、とても勇気づけられます。

 また赤ちゃんを授かりたいと願い、日々頑張っている、勇気ある天使ママさんたちの、心の拠り所となるようなサイトだと思います。

 こうのとりねっと http://www.funinchiryo.org/kounotorinet/

 

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

天使ママ&パパのためのお話会のご紹介(H26年2月分)

H26年2月に各地で開催される予定の、自助グループによる天使ママ&パパのためのお話会のご紹介です。申し込み期限がせまっているものもありますが、参加希望の方は、各自助グループホームページから詳細をご覧下さい。

1.お空の天使パパ&ママの会(WAIS)

 ・「天使の保護者会」〜毎月開催 
  開催日:2月17日(金) 13時半〜15時半
   会場:東京ウィメンズプラザ内会議室(東京都渋谷区神宮前5−53−67)
  参加費:500円
  定員10名、申し込みはメールで、2月15日締め切り
   
 日時等詳細については、下記にお問い合わせください。
 お問い合わせ先:(WAIS事務局)
   pm104.wais.kanto★m4.dion.ne.jp  (←★を半角@に変えてください)
   WAISホームページ http://www.h4.dion.ne.jp/~wais.kt/index.htm

 



2.SIDS家族の会
 SIDSなどの病気や事故、流産・死産などの理由で赤ちゃんを亡くされたご家族を対象に行われているお話会です(赤ちゃんを亡くした当事者の方が運営されています)。

・東京地区    開催場所:愛育病院会議室
         日時:2月15日(土)13時半〜16時半

 詳細はホームページをご参照下さい。
 SIDS家族の会ホームページ http://www.sids.gr.jp/meeting.html



3.ポコズママの会
 流産・死産・新生児死の当事者の方が運営されているサイトです。大切な赤ちゃんを失った週数によって、その悲しみを区別しないという立場をとられていて、様々な事情を抱えた体験者のために必要な情報を丁寧にあげています。流産・死産体験者同士の交流のための掲示板の運営、流産・死産に関する基本的知識や悲しみを癒すための具体的な方法についての情報提供などが行われています。頻度は少ないですが、関東圏で体験者の交流会も開催されています。 
 今回、三重県で当事者のための交流会が開かれるそうです。

【日時】2014年2月8日(土)13:30~16:30(受付は13:15より)
【場所】 四日市市 市民交流会館(本町プラザ)5階 会議室
     三重県四日市市本町9-8 [ 地図 ]
     JR四日市駅から徒歩5分、近鉄四日市駅から徒歩15分
     駐車場あり(本町プラザ駐車場、市営中央駐車場の無料駐車券あり)

【参加費】無料
【定員】20名

 詳細はホームページをご参照下さい。
 ポコズママの会ホームページ http://pocosmama.babymilk.jp/



にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

| 2014.02 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。