スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使ママ&パパのためのお話会のご紹介(H25年8月分)

H25年8月に各地で開催される予定の、自助グループによる天使ママ&パパのためのお話会のご紹介です。申し込み期限がせまっているものもありますが、参加希望の方は、各自助グループホームページから詳細をご覧下さい。

1.お空の天使パパ&ママの会(WAIS)

 ・「天使の保護者会」〜毎月開催 
  開催日:H25年8月2日(金) 13時半〜15時
   会場:東京ウィメンズプラザ内会議室(東京都渋谷区神宮前5−53−67)
  参加費:500円
  申し込みはメールで、7月31日締め切り

 詳細につきましては、下記にお問い合わせください。
 お問い合わせ先:(WAIS事務局)
   pm104.wais.kanto★m4.dion.ne.jp  (←★を半角@に変えてください)
   WAISホームページ http://www.h4.dion.ne.jp/~wais.kt/index.htm



2.SIDS家族の会
 SIDSなどの病気や事故、流産・死産などの理由で赤ちゃんを亡くされたご家族を対象に行われているお話会です(赤ちゃんを亡くした当事者の方が運営されています)。

・南関東地区   開催場所:かながわ県民サポートセンター601号
         日時:8月4日(日)10〜12時半
・近畿地区    開催場所:京都グリーフケア協会(橙屋)
         日時:8月11日(土)10〜14時
・中・四国地区  開催場所:岡山市西大寺緑花公園百花プラザ
         日時:8月18日(土)13時半〜16時半
・北関東地区   開催場所:パルティとちぎ男女共同参加センター
         日時:8月25日(日)13時半〜16時半

 詳細はホームページをご参照下さい。
 SIDS家族の会ホームページ http://www.sids.gr.jp/meeting.html



にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

日曜日の幼児番組を見ながら・・・

2013.07.14 15:01|死産後の気持ち
 娘が赤ちゃんの頃から、NHKの幼児番組には大変お世話になっているのですが(笑)、最近は、民放のアニメ番組も結構見るようになってきました。
 特に、日曜の朝7~9時までのテレビ朝日は、娘の好きな番組が続くので、毎週楽しみにしています。

 一番好きなのは、プリキ○アなのですが、男の子向けの戦隊物も結構楽しんで見ています。一緒に見ていると、結構、親も楽しめる内容なんですよね。

 今日の仮面ライダーウ○ザードの一場面で、ちょっと深い言葉(私にとっては)がありました。過去の記憶をなくして悩む人物にかけられた言葉なんですが・・・。

「自分が一体これからどうなるのかがわからないと不安なのであれば、自分がどうなりたいのかを考えればいいんだ」
「自分が何者なのかわからないと悩むのであれば、自分がどんな人になりたいのか考えればいいんだ」

 私にとって、息子を亡くすという体験は、それまで生きていた世界、自分を失うような体験であって、それまでに体験したことのないような苦しい感情に翻弄されて、「一体これから自分はどうなるんだろう、自分は元の元気な自分に戻れるのだろうか」ととても不安に思いました。

 当時は、全てのことに自信がもてなくなっていたし、「自分がどうなりたいか」と考え、希望をもつパワー自体がなくなっていたけれども・・・。

 時間をかけながら、たくさん涙も流しながら、少しずつ息子の死を見つめ、自分の中で消化する作業をしていくうちに、「自分はどう生きていきたいのか」ということを考え、「現在を生きる」という視点がもてるようになってきました。

 仮面ライダーを見ながら、そんなことをふと考えていたのですが・・・。
 子ども向けの番組の中にも、時々、そんな人生訓のようなセリフが出てくることがあって、きっとこれを作った制作者は、色々な思いがあって、この場面・言葉を作ったんあろうなあ、と想像したりするわけです。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

グリーフカフェ札幌(H25年8月10日開催)

2013.07.12 09:00|グリーフケア関連
札幌も暑い毎日が続いています。
本州の暑さに比べるとまだまだ楽なものなんでしょうけど、7月からこの暑さでは、先が思いやられます。

先日(7月10日)の北海道新聞の記事に気になるものがありました。

「死別を体験した人が交流する場、グリーフカフェ札幌(日本グリーフエデュケーションセンター(JCGE)主催)が、札幌市内で開かれる」というものです。カフェを運営するサポーター(JCGE公認)お二人も死別体験者で、カフェは2〜3ヶ月に一度、札幌で昼間に開催されているそうです。

 サポーターのお一人(看護師さん)は、この集まりについて、「普段は誰にも話せずに頑張っている遺族が安心して話せる場。死別体験者同士で話せば、「自分一人だけではない」ことに気付きます」と語られています。

 若くして親御さんや配偶者を亡くされた方の参加が主なのかなという印象です(子連れOKなので、天使ママさんは少ないのではと思いました)。

 このような、死別体験者が集い、グリーフについて語れる場が、全国各地、地域それぞれにあるとよいなあ、と思います。

 「グリーフカフェ札幌」
 開催日時: H25年8月10日午後0時〜
 場所  : 札幌駅近郊のカフェ 
 対象  : 大切な人と死別した10代〜50代までの人で性別は問わない
       (これまでの参加者は子育て中の女性中心)
 内容  : 会食しながら、故人の思い出、後悔や怒り、日常の悩みなどを約2時間語り合う
 参加費 : 自分の飲食代のみ

 参加申し込みは、7月31日までに下記にメールで問い合わせを。
  griefcafe.sapporo★gmail.com (★を@に変えて下さい)

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
| 2013.07 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。