スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のグリーフワーク & 書籍の紹介

2013.05.27 10:58|悲嘆のプロセスについて
札幌は、週末から暖かい日が続いています。何だか春をすっ飛ばして、すぐに夏になってしまいそうな陽気です。

今日はSIDS家族の会で刊行されている書籍を紹介しようと思い、書き始めたのですが、書いているうちにテーマがずれ、何だか長くなってしまいました。以下、本文です。

流産、死産、小さな赤ちゃんを亡くした親の多くが、自分の身にこんな悲しい出来事が起きるとは全く予想したこともなく、子どもを失った後の自分のこころの状態に戸惑い(これまでに体験したことのない、圧倒的な量・強さの悲しみや怒り、不安等さまざまな感情に飲み込まれる体験なので)、一体、この悲しみに終わりはあるのか、これから自分はどうなっていくのかと途方に暮れているのではないかと思います。

周囲に同じような体験をした人を見つけることも難しく、自分の状態を相談したくても、相談できる場所がなかなかないのが現状です。

そんな現状の中、多くの人が、ネット上の当事者が集うサイトや個人ブログで、自分と同じような体験をした人たちの体験談を読んだり、交流したりしながら、自分に必要な情報にアクセスしています。私も、息子を亡くしてから、今までにない自分の状態に戸惑い、これからどうなるのか、この苦しさが楽になるときがいつか来るのか、ずっと不安・焦燥感を抱えていました。

私の場合、この不安・焦燥感は、同じ体験者の体験談を読んでいるだけでは、解消することはできませんでした。当事者のサイトやブログは、赤ちゃんを失って間もない時期の方によるものが多く、「悲しみの中でもがいている」自分には共感できることが多く、「苦しいのは自分だけではない」と感じ、自分にとって、心の拠り所になったのは確かです。一方で、私は、「この悲しみと向き合い、回復した人」の話を聞き、この苦しみから抜け出るためにはどうすればよいのか、自分にとって必要なことは何かということを知りたかったのです。息子を亡くして半年後頃には、日常生活はそれなりに過ごせるようになっていましたが、心はまだまだ苦しくて、このままただ時が過ぎるのを待っていても、これ以上、傷は癒えないのではないかと感じていたのです。

私の場合、死産後3〜4ヶ月経つと、物事をこなすエネルギーは少しずつ戻ってきたので(と言っても、0だったのが、3〜40%に戻ったという感じですが)、赤ちゃんとの死別や死別全般に関する本を少しずつ読むようになりました。

最初のうちは、本を読んでいると、自分の悲しみが強く呼び起こされ、涙が止まらなくなり、とても消耗するので、家族が寝静まった夜に、少しずつしか読めませんでした。自分の気持ちが不安定で、本を読むような余裕がない時期もありましたが、それでも、少し余裕が出てくると、「今の自分にとってこれをやらないと次に進むことができないのではないか」という気持ちにかられ、少しずつ、少しずつ、本を読み続けました(そのうちに、このブログを始め、自分の気持ちを吐き出すという作業も追加されました)。

死別による悲しみ(悲嘆、グリーフ)をテーマにした書籍を読み続けるうちに、大切な人を失った後に、人はどんな感情をどのように体験するものなのか、その感情とどのように向き合っていくのがよいのか、悲しみと共に生きるということがどういうことなのか、が少しずつ理解できるようになってきました。

本を読みながら、今の自分の状態が、悲嘆のプロセスの中でいうとどういう状態にあるのかを客観的につかもうとし、そのとき抱えている心理的問題を解消するために何ができるかを考えようとしました。書籍をガイドにしながら、1人カウンセリングをしている(?)という感じでしょうか・・・。

こういった自分の心に向き合う作業(グリーフワーク)をしながら、現実の問題(美容院に行く、娘のために育児サロンに参加する、仕事を再開する、友人・知人に息子のことを伝える、娘の幼稚園入園に向けて準備する、夫と次の妊娠について話し合う、次の妊娠に向けて検査を受ける等々、死別後の生活に適応するためには、たくさんの課題があるんですよね)を1つ1つクリアする度に、少しずつ「こんな自分にも何とかやれた」という自信を取り戻し、少しずつ前に進めるようになってきた気がします。

SIDS家族の会の集まりに参加するようになったことも、自分にとって、大きな助けになっています。偶然ですが、同じ時期に赤ちゃんを亡くした方たちと出会い、自分の色々な気持ちを話せるようになったことや、会を運営して下さっている当事者の方たちの話を聞くことができること(赤ちゃんを失って10年以上経った上で、私たちの話に寄り添い、ご自身の経験談も話して下さいます)等、ネット上だけでは得られない、「新たな出会い」だなと感じています。

息子を亡くして、もうすぐ1年半が経ちますが、今の状態は「大分楽になった」と言うことができます。息子の不在に対する根本的な悲しさ、寂しさはこれからも消えることはないと思いますが、常に悲しみで頭が一杯ということはなくなり、今現在に目を向け、幸せを感じられるときも戻ってきました。息子の存在があるからこそ、今までよりも、物事を深く考えたり、味わったりできるようになってきたとも感じます。

最後に、赤ちゃんとお別れをして間もない時期のご家族にご紹介したい書籍です。

SIDS家族の会が刊行している小冊子で、同会のホームページから購入(1冊500円、私は入会した際に頂きました)することができます。

http://www.sids.gr.jp/books.html


「ちいさな赤ちゃん あなたを忘れない」
 流産・死産・新生児死の悲嘆のプロセスについてわかりやすくまとめられています。赤ちゃんとのお別れの仕方や周囲の人へのアドバイスもあり、母親だけではなく、関わる家族の方皆さんで読まれると役に立つと思います。当事者の手記もまとめられています。
 こういった当事者向けのガイド本(コンパクトでかつ必要な情報が要領よくまとめられているもの)を、入院中の病院で是非配布してほしいと、心から願っています。

「陽だまりのなかへ」
 天使ママさんの多くが悩まれる、「次の妊娠・出産」をテーマにまとめられたものです。もう1度、元気な赤ちゃんをこの腕に抱きたいと願う一方で、「また失うのではないか」という不安・恐怖が強くて、次に進めずにいる天使ママさんは多くいると思います(私もそうでした)。本を読めば答えが出るというわけではないですが、同じ悩みをもった当事者の体験談ものっており、自分の気持ちを整理する助けになると思います。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

講演会(子どもへのグリーフケアをテーマにしたもの)のお知らせ

2013.05.19 15:53|グリーフケア関連
子どものグリーフ(悲嘆)を支えることをテーマにした講演会が、福岡、東京、大阪で開催されるそうです。
東京と大阪のプログラム(東京も大阪も講師が一部違うだけで、同じようです)を見ると、大人自身が悲しみ(グリーフ)について理解するためにも、役に立ちそうです。子どもを亡くした親にとって、残された上の子への関わり方は大きなテーマでもあると思うので、開催場所が近ければ、私も参加したかったところです。

こういう講演会には積極的に参加したいと思っているのですが、講演会があるという情報にアクセスするのが結構難しいものですね(今回も偶然ネットで見つけました)。グリーフケアについての最新情報(啓蒙的な講演会・書籍の案内、グリーフケアに取り組んでいる医療機関や各種死別状況別の自助グループの情報等)をまとめてくれるサイトがあれば良いのになあ・・・と思ったりします。

1.「子どものグリーフサポート講演会IN福岡」
日時:2013年6月8日(土)13時〜16時(受付12:30〜)
会場:九州産業大学 1号館4階S401号室
参加費:500円
主催:子どものグリーフサポート実行委員会福岡、NPO法人子どもグリーフサポートステーション
後援:福岡市、福岡市教育委員会

内容
基調講演 高橋聡美氏(つくば国際大学)
 「死別を体験した子どもによりそう〜沈黙と「あのね」のあいだに〜」
活動報告 西田正弘氏(NPO法人子どもグリーフサポートステーション)
     白石恵子氏(九州がんセンター)
意見交換「コミュニティで子どものグリーフサポートをどのように展開するか?」
 西田正弘氏(NPO法人子どもグリーフサポートステーション)
 白石恵子氏(九州がんセンター)
 中尾朱実氏(佐賀ビッグフット)
 田口寛子氏(子どものグリーフサポート実行委員会福岡)
 コーディネーター 藤林武史氏(福岡市こども総合相談センター)

申し込み方法:メールまたは電話
メール:info@cgss.jp(件名に「福岡講演会参加希望」と明記のうえ、本文に氏名・ご所属をご記入ください)
電話:070−5586−1165


2.講演会「大切な人を失った子どもたち〜これからのグリーフケア〜」

【大阪会場】
日時:平成25年6月29日(土)10時〜16時
場所:ホテルコスモスクエア国際交流センター(大阪府大阪市住之江区南港北1-7-50)
定員:300人
参加費:1,000円

講師
シンシア・ホワイトさん(米国キッズハートツーハワイディレクター)
落合恵子さん(作家、こどもの本の専門店クレヨンハウス主宰)
西田正弘さん(子どもグリーフサポートステーション代表)
佐藤まどかさん(ぐりーふサポートハウス副理事長)

【東京会場】
日時:平成25年6月30日(日)10時〜16時
場所:浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2))
定員:400人
参加費:1,000円

講師
シンシア・ホワイトさん(米国キッズハートツーハワイディレクター)
落合恵子さん(作家、こどもの本の専門店クレヨンハウス主宰)
西田正弘さん(子どもグリーフサポートステーション代表)
小嶋リベカさん(だいじな人を亡くした子どもの集まりファシリテーター)

プログラム

講演「大切な人を失った子どもを支えるということ」シンシア・ホワイトさん
講演「悲しみに向き合う」落合恵子さん
実践報告「グリーフケアのいま」西田正弘さん、小嶋リベカさん
トークセッション「これからの日本のグリーフケア」シンシア・ホワイトさん・落合恵子さん
進行 西田正弘さん

お申し込み・お問い合わせ
朝日新聞厚生文化事業団「子どもグリーフ講演会」係
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7446
FAX:03-5565-1643
Email: childreng@asahi-welfare.or.jp

講演会の案内をのせていたサイトです。参加を検討される方は、下記のページから講演会内容をご確認の上、申し込みをされて下さい。

NPO法人 子どもグリーフサポートステーション
http://www.cgss.jp/524



にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

SIDS家族の会 北海道 「ミーティングのご案内(平成25年6月8日)」

札幌もようやく桜が咲き始め、春を感じられるようになってきました(全国ニュースで「各地、真夏日」というニュースを聞くと、すごいギャップを感じますが(笑))。

私の方は、娘が入園して1ヶ月が過ぎ、新しい生活のペースにようやく慣れてきたところです。偶然、夫の友人の娘さんがうちの娘と同じクラスにいて、お母さんともお友達になることができたので、少しずつ新しい人間関係も広がっていきそうです。

さて、本題のSIDS家族の会のミーティングのお知らせです。

SIDS家族の会(SIDSなどの病気や様々な理由でお子さんを亡くされた方、流産・死産でお子さんを亡くされた方が対象の、当事者による自助グループです)主催のミーティング(お子さんへの気持ち、自分の悲しみなどを自由にお話し、互いに聞きあう場です)が来月6月8日に札幌で開催されます。

日時:平成25年6月8日午後2〜5時
場所:渡辺一彦小児科医院 札幌市白石区本通1丁目1−13


札幌近郊にお住まいで、興味のある方は、SIDS家族の会のホームページより問い合わせをしてみて下さい。

  NPO法人 SIDS家族の会 | ホーム

 

 

うつ病にならないための7つのポイント

2013.05.06 15:51|死産後の気持ち
ある講演会で聞いた、「うつ病にならないための7つのポイント」です。

 当時も、「その通りだなあ」と思い、ノートにメモっていたのが、掃除中に出てきました(笑)。死別後の悲嘆の過程では、多くの人が抑うつ的になる(うつ病かどうかは別として)時期があると思いますが、この抑うつの時期を乗り越えるためにも、気をつけたいポイントだなあと思います。

「うつ病にならないための7つのポイント」

1.完璧主義をやめる。
2.自分のミスに寛容になる。
3.全てをコントロールしようとするのをやめる。
4.余計な関わりを減らす。
5.自分の体調や健康を無視しない。
6.「助けを求めない」のをやめる。
7.ストップして、自分や家族のために時間を取る。

 私は元々、完璧主義ではない(完璧にしようと思っても、自分には無理だとわかっている、というかあきらめが早い(のも問題ありだと思うのですが))し、人付き合いは狭い方なので、1と4は当てはまらないのですが、他の点は、注意しなくてはいけないと最近は自分でも心がけている点です。
 
 特に6.については、息子を亡くすという体験を通して、とても多くのことを学びました。

 これまで、自分が本当に辛いときには、そういう自分の姿を他者に見せるのが怖くて、何とか自分の中で折り合いをつけるという生き方をしてきた(今まではそれで何とかなった)のですが、「息子を突然失う」という今回の体験に対しては、今までのやり方は通用しませんでした。

 息子を失った悲しみを自分の胸の内に抱え込んでいたあの時期(死別後半年くらいまで)は、今思うと本当に苦しくて、孤独でした。

 私は、これまでの人生で、他者を信じる、頼るということができず、そのやり方もわからずにいたのですが、今回ばかりは、「私には誰かの助けが必要だ」と心底思いました。

 で、ある日、「助けを求めない」のをやめると、私自身が決心しました。
(当時、夫ともギクシャクするようになり、どこにも自分の居場所がないような気がして、とても追いつめられていました。そんなある日、1人で街中をフラフラしていて、通りすがりの公園で座っている時に、涙が止まらなくなるという出来事があり、その時に、「もうだめだ、誰かに助けてもらおう」と決心しました)

 精神科クリニックの受診も考えましたが、まずは自分の家族・友人で、自分の悲しみに耳を傾けてくれる人はいないだろうかと考え、勇気を出して、自分の悲しみを語ろうという努力を少しずつ始めました。

 悲しみを語るということ自体、最初は強い苦痛を感じるものだと思います。
 当初、息子のことを少しでも口にしようとすると、強い悲しみの感情が溢れ出てきてしまい、すぐに涙が抑えられなくなってしまうので、そんな自分に相手がびっくりしないか、相手を困らせないかと考え、なかなか口に出すことができませんでした。

 でも、思い切って話し出してみると、私の周りには、私の悲しみに寄り添ってくれる人たちがちゃんといました。「悲しくて、辛くて当たり前なんだから、泣いても大丈夫」と声をかけてくれる人がいました。私が自分の気持ちを語り出すまで、根気強く待っていてくれた人もいました。

 こういう人たちに私はとても救われましたし、今でも、息子のことを共有してくれる友人・家族の存在が大きな心の支えになっています。本当に、心から感謝しています。

 一方で、私が、自分から助けを求めなければ(相手に伝えよう、会おうとしなければ)、周囲の人も私にどう接すれば良いのかわからず、距離ができてしまい、今ある関係には至らなかったかもしれないとも思います。

 「助けを求めること」「悲しみを語ること」について、友人が私に贈ってくれた言葉がとても心に残ったので、下記に記しておきます。

〜話すってパワーが必要なだけじゃなく、不安になったり、時に傷ついたりするよね。でも、続けていけば、信頼できる相手の選び方や距離の取り方、意見が違った時の受け入れ方、話した後のリラックスの仕方、気をつけること、段々わかってきて、自信と安心につながるよ。
 以前、虐待防止活動していた時、被害にあった人にどう声をかけるか、という部分で、「一番大切なのは力になってくれる人が見つかるまで、信頼できる人を探して話し続けること」というセリフがありました。
 これはとても難しいセリフです。
 なぜなら、話すことによって不安になったり、むしろ更に傷つくことさえあるからです。
 それでも私はこの言葉を一番しっかり伝えるように気をつけていました。非言語メッセージとして込めたのは、「万一誰かの支援も傾聴も得られなくても、今、言葉に直し、他者に伝えようとしたあなたの努力と勇気はあなた自身の誇りになる。話すことによって、誰よりもあなた自身があなたを裏切らず、あなたの支えになったことを実感できるはず。そのあなた自身の生きる力が、一番大切なことなんだよ」・・・というような思いです。
 私は深い悲しみに見舞われた人の生きる力を信じます。 〜

 大切な人との死別後、周囲の人からの心ない言葉(悲しみへの無知からくるのであって、相手を傷つけようという気持ちはないことがほとんどだと思いますが)に傷つくことも多々あるかもしれません。
 それでも、悲しみを癒すために一番必要なことは、「自分の悲しみを表出し、理解ある人に自分の気持ちを受け止めてもらうこと」なのだと思います。

 悲しみの最中にいる多くの人たちが、自分の気持ちに寄り添ってくれる人に一人でも(多くいる必要はないのかとも思います)出会い、孤独から抜け出し、自分の人生をもう一度歩み始める勇気を持てるようにと、心から願っています。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
 
| 2013.05 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。