スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人関係療法で改善する夫・パートナー関係

2012.08.21 23:04|役に立った本(夫婦関係)
対人関係療法で改善する夫・パートナー関係

水島広子著 創元社 1575円(楽天ブックス、Amazonで購入可)

先日、紹介した「お母さんの心がラクになる!怒らない子育て」と同じ著者が書かれた本です。

流産・死産後に、夫婦関係は色々な意味で揺らぎます。

夫婦共に、「赤ちゃんを亡くした悲しみ」に苦しむ当事者である一方で、それぞれの悲しみのプロセスは全く同じものではないので、相手の気持ちがよくわからなくなったり、すれ違うこともままあるのではないでしょうか。

一番、支え合って、分かり合いたい相手に、自分の気持ちを上手く伝えられないもどかしさ・・・。

うちの場合は、息子のことを語りたい私と、それを聞くのが辛い夫(夫自身の悲しみが癒えておらず、息子のことを話すと泣けてきてしまうので、話すのを避けているところがあります)という構図があって(それに気付くのにもしばらくかかりました)、私が常にイライラしている(特に夫に対して)状態になり、3ヶ月程前に感情的に泣いて怒ってしまう出来事があり、その後しばらく夫と視線を合わせることもできない時期がありました(つい最近までで、ようやく終結できそうでホッとしています)。

自分がなぜ、こんなにも夫にイライラしていたのか、この本を読んで、腑に落ちたところが結構ありました。

赤ちゃんを亡くした後、母親はとても傷つきやすくなっていると思います。赤ちゃんを守れなかった自分を責め、そんな事態を引き起こした(と自分で考えている、決して母親のせいではないと、今は自分で自分に言い聞かせていますが)自分が信じられなくなって 、こんなことが起きる世の中も信じられず、他人も信じられなくなっています。

そんな心の状況だと、他者の些細な言葉や態度を悪い方へとらえてしまい、イライラしやすくなるのだと思います。

私も引きこもっている時期はよかったのですが、友人関係や職場復帰等、人間関係を元に戻そうとし始めた時期に、イライラすることが増えました。私は幸いな事に、他者から傷つく言葉を言われたことはほとんどないのですが、それでも、どうやって息子のことを伝えるのかとても悩み、伝えるのにはとても勇気が要りました。きっとそういう不安、緊張が続く中で、日常の些細な出来事に対する夫とのすれ違いに過剰にイライラするようになったのかなと思います。

この本を読んで、自分も夫に対して、きちんと言葉で確認せずに、勝手に悪い方へ思い込んでいる部分があるんだなと気付いたり、相手の事情を考えずに、責めるような物言い、態度をしていたかもなあ、と思いました。

流産・死産の当事者だけではなく、夫婦・パートナー関係で悩んでいる全ての人におすすめの本です。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。