スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不育症についてのホームページ 「フイクーラボ」

2015.01.16 08:38|死産後の妊娠・出産
不育症について、わかりやすくまとめられているHPを見つけました。厚生労働省研究班がまとめたもので、一般向けにわかりやすく情報提供がされています。

 Fuiku- labo ホームページ http://fuiku.jp/index.html

 



 私の場合は、元気な長女を出産後に、6週での初期流産と38週での死産を経験しているのですが、この場合は「続発性不育症」として、何かリスク因子がないかスクリーニング検査をしてよいんですよね(また、赤ちゃんに染色体異常や形態異常がない、妊娠10週以降の流・死産の場合は、1回であっても、不育症に準じてスクリーニング検査を行ってよいと言われています)。
 3年前に死産をした病院で、「次の妊娠のために、何かできる検査はないか?」と質問したときには、「初期流産と今回の死産では原因が別だと考えられるし、特にする検査はない」と説明されたのですが、この説明は適切ではなかったんですよね・・・。不育症の知識・適切な対応については、まだまだ広まっていないということなんでしょうか。

 赤ちゃんを亡くされて、次の妊娠のために不育症の検査を受けた方がよいのかどうか、迷っている方は、上記HPが参考になると思います。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

出産のご報告

2013.10.04 11:10|死産後の妊娠・出産
今朝の札幌はよいお天気ですが、最低気温が10度を下回り、冷え込んでいます。街路樹も色づき始め、秋だなあという感じです。

先日、無事に出産をしましたので、ちょっとご報告です。

9月26日0時44分に無事、元気な女の子が生まれてきました。

私は38週で突然、息子を亡くしているので(解剖はしておらず、はっきりした死因はわかりません)、主治医の先生の判断で、37週の正期産の時期に入ったら入院し、誘発分娩をすることになっていました。

死産後の出産において、私のような状況(妊娠経過は順調)では、自然に陣痛がくるのを待つ場合が多いとは思います。自分としても、お腹の子を信じて、自然に分娩する方がよいのではないかという気持ちもありました。でも、どんなに少ない確率でも、特にリスクを抱えていなくても、臨月での死産が起こりうることを実体験しているだけに、出産時期が近づくにつれ、「また同じことが起きたら」という不安が強まりましたし、先生の判断にお任せして、管理分娩することにしてよかったと思います。

実際には、入院後の内診の刺激だけで陣痛が始まったので(思ったより早かったね〜、経産婦さんだからね〜と言われました)、子宮口を開く処置や陣痛誘発剤を使うことなく、自然なお産になりました。

分娩中も、お腹の子は盛んに動いていて、「お産の途中で何かあったら」という不安をもつ私たちに、「私は元気だよ〜」と教えてくれているようでした。

入院中、新生児黄疸のため、NICUに1泊入院したりはありましたが、10月1日に母子共に退院でき、自宅での新しい生活が始まりました。

産後の体の大変さはありますが、ミルクを飲んで(母乳が足らず、追加しています)、満足げな顔でスヤスヤと眠る小さな娘を見ていると、とても幸せだなあと思います。一方で、亡くなった息子が元気に生まれていたら、こんな感じだったのかなあと思うと、改めて、息子をこの腕に抱くことができない悲しみ、寂しさがこみ上げてきて、泣けてくることもあります。

産後のマタニティーブルーというわけではないのですが、感情の振れ幅がいつもより大きくなっているように感じます。死産後の妊娠・出産には、新しい命を授かった喜びと、新しい命を前にして蘇る、亡くなった子への想い・悲しみが混在して同居するという、複雑な心境があるのだなあと実感しています。

新しい命を授かることは、とても大きな喜びをもたらしてくれますが、失った命への喪失感・悲しみを消し去ってくれるものではなく、やはり、十分に喪失の悲しみに向き合う時間・作業が必要なんだと思います。

私自身は、息子の死をある程度受け止めた状態(息子が亡くなって1年が過ぎた時期でした)で、次の妊娠・出産に臨むことができたように感じているのですが、それでも時々、悲しみや不安、様々な気持ちで揺れることがありました(これからもあるのでしょう)。

天使ママさんの多くは、次の妊娠に関して、なかなか授かれないと悩んで焦ったり、帝王切開後で時間を置かなくてはならなかったり、また同じ悲しみがあったらという不安でなかなか決心がつかなかったり、 色々と悩まれていることと思います。

私の場合、「また同じ悲しみがあったら、自分が壊れずにいられるだろうか」という不安や、「上の子の世話をしながらの妊娠・出産そしてその後の育児をするだけの体力・気力があるだろうか」という不安があり、次の妊娠を望む決心をするまでには1年程の時間が必要でした。年齢のことがあり(現在39歳です)、躊躇している時間はあまりないことはわかっているのに、なかなか次に進めない自分に苛立つこともありました。

でも、今振り返ってみると、私にとって、息子の死を受け止め、いるはずの息子がいないという現実に適応するためには、1年という時間は必要な時間だったんだと思います。

苦しい日々を送っている天使ママさんにとって、 それぞれのペース、タイミングで、新しい命が舞い降りてきてくれるようにと、心から願っています。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。