スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺骨ペンダント

2012.11.06 08:32|供養について
息子が亡くなって1ヶ月過ぎた頃、夫が誕生日プレゼント(私は1月生まれなのです)を買ってくれるというので、何がよいか思案していたとき、「息子の形見の爪や遺髪を入れて、身につけられるような、ロケットペンダントのようなものはどうだろう」と思い付きました。

 ネットで検索してみると、「遺骨ペンダント」「アッシュペンダント(ヨーロッパでの呼び名だそう)」「カロートペンダント」などの名前で、様々な商品があることがわかりました。大切な人を亡くした悲しみの中で、「お骨であっても、亡き人の一部であっても、ずっと一緒に過ごしたい、亡き人を側に感じていたい」 と願うことは、ごく普通の感情なのだと知りました。

 ネット通販をしているサイトはたくさんあり、どこで購入するか迷ったのですが、結局は最初に見つけた「手元供養本舗」というサイトで購入しました。ペンダントのおしゃれさを追求すると、他のサイトの方が商品が豊富だったのですが、日常的につけることを考えるとシンプルなものが良いと思ったのと、ここの商品には亡くなった方の名前や命日などが刻印でき、刻印に力を入れていること、手元供養についてのわかりやすい説明や利用した方の声が掲載されていてとても役に立ったこと(読みながら泣けてきました)、会社として社会貢献活動をされていて、赤ちゃんを亡くした家族の自助グループにも寄付をしていること等が決め手になり、ここで購入しました。

手元供養本舗

 私は日常的につけるのに、ペンダントとして違和感がないように小振りな(お骨だと米粒くらいの大きさしか収められません、私は爪と遺髪を入れています)ペンダントを選びました。完全防水ではありませんが、チタン製で軽くて丈夫です。

http://bondsconnect.co.jp/SHOP/407188/407194/list.html アッシュペンダント Tl007 28800円

 夫も、「自分にも是非ほしい」「服の下につけるのでデザインは構わないけど、お風呂にもつけて入れるように完全防水がよい」と言ったので、 完全防水のタイプ(少し大きく、アクセサリーとしてはちょっと無骨な感じです)を選びました。

http://bondsconnect.co.jp/SHOP/497958/497964/list.html メモリアルペンダント「ウィズ〜チタン〜+刻印 18900円

 男性でネックレスをつけるのに慣れていない人の場合は、チェーンも頭からかぶれるような長いものにした方が、付けはずしが楽だと思います。

 夫のペンダントにお骨を収めるため、娘が寝静まった後、夫と2人で火葬の時以来初めて、骨壺を開けました。真っ白なお骨を見て、2人で泣きながらお骨を選んで収めた情景は、今でもはっきり覚えています。

 ペンダントに収めるまでは、爪や遺髪も引き出しの奥にしまいこんで、見ることができなかったのですが、ペンダントに収めるためにそれらをしっかり見て、ほんのちょっとの息子の形見だけれども、とても愛しく思いました。

 夫にとっても、ペンダントを身につけることで、少しだけれども、寂しさが紛れ、気持ちが楽になったようでした。

 遺骨については、納骨するかどうかで悩む方(周りの家族・親戚から納骨しないと成仏しない等言われるが、両親にとっては49日で納骨するのはとても辛いという話を多く聞きました)も多いようなので、そのような時にも、遺骨ペンダントは役に立つのではないかと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 天使ママパパ夫婦(子供あり)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

miso1213

Author:miso1213
 2010年12月に6週で初期流産、そして2011年12月13日に息子を38週で死産しています。現在、3歳の娘の母親でもあります。
 自分の悲しみと向き合い、心の中の息子と共に、少しずつ前に進んでいきたいと思っています。同じような死別体験者のために必要な情報提供もしていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。